イヌリンとは。イヌリンを摂取するなら金の菊芋がおすすめ。


「イヌリン……?」

今回はイヌリンについて詳しく書いていきたいと思います。

イヌリンとは


※イヌリンの構造式

イヌリン(inulin)とは多糖類の一つです。

主にキク科植物(キクイモの塊茎、ダリアの塊根、アザミの根など)に存在します。

植物の体内ではデンプンと同じように、エネルギーを蓄える役目を持つとされている貯蔵物質です。ただし、デンプンとは異なりヨウ素では着色しません。

温水に溶けて、アルコールには溶けないのが特徴です。

イヌリンの構造について、専門的に説明すると、「フルクトース(果糖)がβ(ベータ)-12-結合で20~40個重合し、フルクトース鎖の還元末端に1個のグルコースがショ糖と同様にα(アルファ)-11-結合で繋がっているもの」となります。

イヌリンの効果・効能

イヌリンには食後血糖値の上昇を抑える効能があります。

以下はその原理です。

イヌリンなどの食物繊維は食べ物を小腸へ移動させる作用があります。

食物繊維は人の消化器では分解できず、大腸で初めて代謝されます。保水能力、膨潤能力、保油能力が高く、水に溶けるとゲル化して、胃から小腸への食べ物の移動を緩やかにします。

そして、イヌリンは、一部の腸内細菌による発酵にて短鎖脂肪酸に代謝され、インスリン分泌を促進します。

それにより糖質の吸収速度を緩慢にし、食後の血糖値の上昇を抑えます。

下記はイヌリンの臨床試験結果です(金の菊芋の公式サイトより)。

イヌリンを12週間摂取したところ、食後120分までの血糖値上昇が抑えられています。

食後の血糖値上昇は様々な健康リスクの引き金になるため、イヌリンを摂取することでそういったリスクを下げることができます。

イヌリンを摂取するなら金の菊芋がおすすめ

イヌリンは菊芋(キクイモ)に多く含まれています。

イヌリンを摂取するなら、菊芋サプリがおすすめです。

菊芋サプリの中でも、個人的には金の菊芋が一番おすすめです。

理由としては以下の通りです。

・医師が監修している
・菊芋で日本初となる機能性表示章句品
・コスパが良い
・食べやすくて美味しい

私は金の菊芋を毎日飲んでいますが、必要十分なイヌリンを摂取できる、なかなか良いサプリです。

金の菊芋についてより詳しくは下記の記事に書いています。参考にしてみてください。

【関連記事】
【2019年】金の菊芋の口コミと効果。Amazonや楽天より安く買う方法も紹介!

以上、イヌリンの意味や効果・効能でした。

少しでも参考になれば幸いです。